• Home >
  • この事業について

この事業について

グローバル人材育成推進事業とは

グローバル人材育成推進事業は、若い世代の「内向き志向」を克服し、国際的な産業競争力の向上や国と国の絆の強化の基盤として、グローバルな舞台に積極的に挑戦し活躍できる「人財」の育成を図るため、大学教育のグローバル化を推進する取組を行う事業に対して、重点的に財政支援することを目的とした文部科学省の新規補助金事業です。平成24年度はタイプA(全学型)、タイプB(特色型)合わせて129大学・152件の申し込みがありました。
その中で、一橋大学が採用されたタイプB「特色型」には111件の申請があり、内31件が採択されています。
本学が採用を受けたグローバル人材育成推進事業の概要は以下の通りです。

構想の目的・育成するグローバル人材像

現実を踏まえた理論構築能力とすぐれた語学力・コミュニケーション能力を中核に置いて、日本のシステムを改革できるイノベーション能力、世界標準を創り上げる論理展開能力、政策提言能力、アジェンダ設定能力という全6つの資質を有するグローバル・リーダーを育成する。

6つの資質と能力

構想の概要

商学部・経済学部それぞれから優秀な学生を1年次末に各15名程度選抜し、グローバル・リーダーズ・プログラム(GLP)を実施する。英語による専門科目プログラムを独自開発し、短期海外研修や3年次での長期留学などを活用してグローバル・リーダーの育成を加速する。全学への波及効果を促進するとともに、短期留学制度や就職支援制度など充実した全学サポートを行う。


グローバル人材育成推進事業の詳細については、文部科学省の当該のページをご参照ください。
http://www.jsps.go.jp/j-gjinzai/index.html

本学の構想概要詳細については、こちらをご覧ください。
本学構想概要(PDF)